私たちの食を演出する大切なテーブル

テーブルひとつでお部屋のイメージが変わります。

テーブルが気に入らないと、せっかくの美味しい食事も心から楽しむことは出来ません。

いつも何気なく使っているテーブル。テーブルには様々な種類があります。
知ってはいたけどこんな使い方もあるんだというテーブルから、いつも使っているテーブルにまつわる話、種類やデザイン、特徴などの紹介をしていきたいと思います。

★知っていますか?テーブルのこと・・・

テーブルの歴史

世界にあるテーブルで最も古いテーブルは、紀元前1600年頃のエジプト第17王朝の時代に使われたテーブルと言われています。そのテーブルは一枚の板を4本の多角形の柱で支えたものでした。

14世紀頃になるとヨーロッパ地方を中心とした貴族を中心に豪華なダイニングテーブルが流行し、いろんな種類のテーブルが作られていきました。
その後、生活様式の多様化に伴い、様々な用途に合わせたテーブルが作られ、現在に至っています。日本では現在、様式のダイニングテーブルが主流ですが、一昔前のちゃぶ台は実は大正の頃に食卓の主流となりました。それまでは箱善と呼ばれる一人用のお膳で食べていました。
日本でも生活や文化の変化に伴い、ちゃぶ台へと移行し、そして現在のダイニングテーブルやリビングテーブルなど、いろんなテーブルを使う生活へと変化しています。

★アンティークテーブル

アンティークテーブルやチェアー、テーブルクロスなどを見ているとなんだかホットする気分になりませんか。

アンティークテーブルの魅力とは、「時間」ではないでしょうか。毎日使ううちに出来たキズや手入れをしてきた跡など、短時間では作り出せない味わいがアンティーク各位のファンを虜にしているのです。

アンティークテーブルは食卓やデスクとして使われる日常生活と深く関わりのあるアンティーク家具です。テーブルという家具だからこそ感じられる使ってきた人々の歴史や身近なインテリアとしてのこだわりを見つけられる事がさらに魅力的ですね。

★ガラステーブル

硝子を使ったテーブルは脚や枠の部分に使われる素材によってクールな印象だったり、柔らかい印象だったりと雰囲気が大きく違ってくるのが魅力的です。

ガラステーブルと言えばシンプルなデザインのものが多くガラス天板を使ったタイプが一般的ですが、中には硝子を曲げた「曲げガラス」を使って脚の部分まで全てをガラスで作ってある珍しいデザインの物もあります。

部屋を広く見せるという視覚効果が生まれるのもガラステーブルが人気の理由ではないでしょうか。
ガラステーブルをインテリアに加えるだけで、その場を洗練されたオシャレな空間に変えてしまうのが魅力的です!!

★ダイニングテーブル

みんなで美味しく食事ができることが大切!!

皆さんは食事をする時、ダイニングテーブルでご飯食べていますか。
キッチンやダイニングなど食事の場所にある家具と言えばダイニングテーブルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

使われ方としては、毎日の食事をとるためのテーブルとして使われることが最も一般的です。少し前の日本の家庭ではダイニングテーブルが頻繁に使われるようになるまでは、食事の度にちゃぶ台を出して食事として使われることも多くありました。

しかし、日本人の生活スタイルが西洋化するとともに食卓としてだけでわなく食事の時間に以外にも家族団らんや会話を楽しむ場所としての役割も担うようになってきました。
その為、少人数の家庭でも客人を招いた時にみんなで会話を楽しむための場所としても利用できるように大きめのタイプを置いていることも多くあります。

 

 

★ガーデンテーブル

庭やベランダなど野外で活躍する家具と言えばガーデンテーブルですよね。

最近はチェアーとセットでかなり格安な値段で販売されている物もあってガーデンテーブルを身近に利用する人も増えています。
ガーデンテーブルひとつあるだけで、お茶を飲んだりガーデニングや日曜大工など周りがくつろぎの空間になるから不思議です。

Valuable information

最終更新日:2017/3/10


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4a/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/tpeexbo0/public_html/inc/randlink.php on line 12